検索

しめくくり2020

気になることがあり、版画の工房を訪れました。そう、先日終了した寺田マユミさんがシルクスクリーン作品を制作した場所。詳しくは、また年明けにご紹介したく思います。

京都にある工房。いわゆる町工場(規模は大きいですよ)。階段は急ですし、誤解恐れずに言えば、きっと(あぁいや、想像でしかないです)女性は大変苦労されるような工場だったのではないでしょうか。今は、版画のさまざまな設備を整えたスペース。


訪問したお相手、望月佐知子はそこが力点ではありません。あるいは、「プリント(版)に特化してそこだけを取り沙汰される」、そういうのでもないかともと言います。

まずは、すでにご紹介しているページをご参照ください。いつかきっと、彼女とのおもしろい試みができるであろうと実感しました。関東の皆さんも巻き込んだ取り組みができればと。版画に取り組んだことのないかたが、版画を本格的にやってみる機会を創出したりだとか。


2020年。

必死に駆けてきました。

関われた全ての方に感謝いたします。

きっと「へえー」と驚嘆いただけるご案内をできると確信しています。

2021年、また健やかにお目にかかりましょう。


今年は寺田マユミさんのシルクスクリーンを使ったグリーティングです。

  • Twitter
  • Instagram

BIOME(バイオーム) 

〒650−0011 神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101 

tel   090−3945−2040

email   artroom@biome-kobe.com