検索

切り子とよばないわけ 貴島雄太朗


展覧しているその多くが削紋です。貴島さんお人柄としてあふれるそのフレキシブルでコミカルな雰囲気に、加味される豪快で凄みを感じる作品が多いのです。ところが、ご本人にしてみればあくまで造形を意識されています。展覧のお話でも空間やディスプレイのお話にまで及びます。真夏のような暑さの本郷での個展にお邪魔したときのことです。細工の難しさや削りの豪快さではないガラスの見せるべくフォルムの表現。そんな作柄を楽しめる酒器はもちろん、え!と驚くワイングラスもデギャンタもご紹介しております。13日金曜はご来訪の予定もございます。ぜひお立ち寄りください。

#biome #kobe #yutarokijima #artroom #glass