検索

古村耀子⑤ 明日26日sun 17:00まで

好き、影響受けたアーティストは「中学生の頃、学校で何かのリサーチみたいなことが行われて色々な絵の中にクレーの絵がありました。ブルーのトーンで描かれた『船乗りシンドバッド』という絵で好きになりました。アンリ・マチス、エドワード・ホッパー、ピカソ、カルダー、ロバート・ローシェンバーグも」という古村さん。


どんな絵だろうと探してみました。

ユニークな作品。クレーの背景がこんな幾何学模様であることはよく知られていますが、中学生でご覧になったのですね。深い青のグラデーション。


©️古村耀子

深い色味といえば、実は柱の裏側でひっそりとご案内しているこの作品。カッサとブッタと言います。二人でかさぶた。黒っぽく見えますが深い深いボルドーなんです。Bad bloodのようでメッセージとともに可笑しい。本日お求めいただいた作品なんです。

  • Twitter
  • Instagram

BIOME(バイオーム) 

〒650−0011 神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101 

tel   090−3945−2040

email   artroom@biome-kobe.com