検索

村松佑樹③ 衝撃を受けたこと

コロナ禍を経た変化を村松さんに伺って、その回答に衝撃を受けました。それこそ田舎住まいからすればさほど驚く話ではないのですが、やっぱりそうなんだ、と。


「生活と制作をテーマに活動していましたが、自宅待機が続く日々の中でその2つが地続きになりました。今後は地方に移住し、暮らしと作ること、自然について考えていきたいです。」

©村松佑樹 「山里」  BIOMEで開梱したこの作品に思わず歓声をあげました。

周囲をよく見つめ、考え、向き合い、生活を楽しむ事は

とてもラディカル( 根源的) な行為であり、

絵描きとしての自分の役割だと考えている。

定期的に足を運び、畑や祖父母の家の周囲を、思い出と一緒に散歩する。生まれた土地は夏暑く、冬は寒い。

土の匂い、草木の音、遠くで聞こえる鳥や動物の声、温度、湿度、

自分を通り抜けるような風、輝く山脈達。

山はとても賑やかだ。

このメッセージと符合するわけですが、BIOMEがこんなことを書いてしまって良いのだろうか。あまりに大切なことすぎるので、台風一過の今晩は、彼の言葉だけに留めておきましょう。

  • Twitter
  • Instagram

BIOME(バイオーム) 

〒650−0011 神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101 

tel   090−3945−2040

email   artroom@biome-kobe.com