検索

浅妻健司① 詩人をテーマに

それはそうと、浅妻さんとBIOMEは誕生月日が同じということを本日知り、妙な気持ちになっています。


それはさておき。山之口貘の詩を挙げながら展覧会をご紹介します。

©︎浅妻健司   詩は山之口貘

お恥ずかしいことに額面通り、同じことを思うのです。ただ、彼は言いたいことは、どうなんだろうと考えます。


人は、恰も全てを知っているかのように話すけど、所詮、あなたが知る世界観の中のことであろう?と。本当にそう。

東京で当たり前のことが神戸では当たり前ではない。プログラミングを知っていても、世のルールを知らない。絵の評論はできても、お客様の望みは知り得ない。

  • Twitter
  • Instagram

BIOME(バイオーム) 

〒650−0011 神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101 

tel   090−3945−2040

email   artroom@biome-kobe.com