検索

1月19日(日)Manabu観察、のこと

BIOME開設する前に久留飛さんにお目にかかったのです。

コンセプトをお伝えしますと、「面白そうだし協力できるよ」と。あれこれ経緯や想いをお伝えし、うんうんとうなづきながらボツッと放たれた言葉がありました。「僕はね、生きる糧をきちんと得ると言うことが本分としてあると思うのよ」と。一部を切り取った紹介はご本人の意図されるところではないであろうと思うのですが、動きが一瞬止まるひとことをいただきました。

この言葉は後に、アーティストさんやギャラリーさんとお話するときの一つの柱になっています。久留飛さんは、決して理想郷を語る方ではなく、むしろご自身がモノに向き合い納得するまでつきあい、その結果として得たことや知ったことを、ツールを使ってご紹介くださっているのですね。


わぁーと広がっているようですがその実法則性のある作業棚。

工作教室の過去作品が並んでいます。木工は全部先生のお手製だそうですよ。

  • Twitter
  • Instagram

BIOME(バイオーム) 

〒650−0011 神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101 

tel   090−3945−2040

email   artroom@biome-kobe.com