検索

浅妻健司⑤ スルスルグングン

ここで浅妻さんのウェブサイトをご案内してみます。お話をしていると「飽きっぽいんで」とよく言われるんですが、そこは自分と重ね合わせてわかる気がするんです。たぶん、飽きっぽいのではないのではなく、判断軸がはっきりしていて、判断も早く、次の行動も早いのかもしれません。(そうは見えないのがいいのですが、バスケ選手だし)


そして、これ。

前回もセツ物語の第一話的なものをご紹介しましたが、そのつづきです。線画の太さは力強く、スルスルグングンとひかれたものを実感させられます。力強いというほど積極的でもなく、のびのびというほど奔放でもない。


今回ご来廊いただき、お求めいただいた方がおっしゃるのは、まず絵だけを拝見して気に入った、と。そのあと、詩を読んで「こう解釈するのかぁーーー」ともっと知りたいもっと知りたいと詩を読まれます。狙いどおり。さて、29日日曜16:00までです。のんびりとお楽しみください。

  • Twitter
  • Instagram

BIOME(バイオーム) 

〒650−0011 神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101 

tel   090−3945−2040

email   artroom@biome-kobe.com