検索

Kate Trafeli 「海外からのアーティストを」


Kate Trafeli (London,U.K. )

ペインター

ケイト・トラフェリは、アメリカ西部で、タンブルウィード、大空、大草原、それ以外にはほとんど何もないところで育ちました。大学卒業後はボストン、ニューオーリンズ、ロサンゼルスなどアメリカ各地の大都市に移り住みました。

その後、数年はロンドン、10年はイタリアで生活。イタリアの言語、歴史、文化は、彼女のイコノグラフィー(図像)やパレット(調色)に大きな影響を与え、今に至ります。

現在、ケイトは再びロンドンに住み、3人の幼い子供の母親でもあります。彼女の過去の経験と現在の世界の状況は、ケイトのペインターとしての創作活動に反映されています。




BIOMEは2020年春にU.K.への出張を計画していました。気になるギャラリーをチェックし出張に備えて、日本でもそうであるように、有名かどうか、流行りかどうか、など特段気にすることもなく、とにかく気になる作品はどんどんメモしておいたのです。

しかし残念ながら、ご存じのようにコロナウィルスの影響で、楽しみにしていたこの出張はキャンセルとなってしまいました。


けれど、記憶に残っていた、心に直接訴えかけてくる鮮やかな色。複雑なのかわかりやすいのか、表現するのも容易ではなく。ただ表現されているキーワードのような画の一部に何か説得されるようなそんな作品が・・・ケイト・トラフェリという女性の作品。


すぐに彼女に拙い英語でメッセージを送り、Q&Aを重ね、個展の可能性について何度も話し合いました。まずは、不便なこの状況を考慮して、数点の出展だけで可能な展覧会で試してみてはどうかと誘ってみたのです。


ケイトにとってもBIOMEにとってもハードルが高かったかもしれませんが、お互いに理解し合おうという気持ちが伝わってきました。近いうちに、ケイトをBIOMEに紹介できるかもしれません。

まずは彼女の作品からインスピレーションを得てみてください。


©️Kate Trafeli *展示作品ではございません

Kate Trafeli :   "Corona panic just as BIOME was considering a solo show of an international artist


Kate Trafeli (London, U.K.)

painter

Kate Trafeli grew up in the western United States, surrounded by tumbleweeds, big skies, large prairies, and little else. After graduating from university, she moved to large cities around America: Boston, New Orleans, and Los Angeles.

Kate then moved onward to London for several years and also spent 10 years living in Italy. The Italian language, history, and culture greatly influenced her iconography and palette and continue to do so.

Today, Kate is a painter living again in London and the mother of three young children. Her past experiences and current circumstances of the world continue to influence Kate's creative work.




BIOME was planning a business trip to the UK in the spring of 2020 and was checking out galleries of interest. Unfortunately, my trip was canceled due to the public health situation, as you know. In preparation for this trip, as in Japan, I made notes of all the works that I found interesting, whether they were famous or not, or whether they were trendy or not.


What remained in my memory were the vivid colours that directly appealed to me. It wasn't easy to describe whether it was complicated or straightforward, and the keywords were also compelling—the work done by a woman named Kate Trafeli. I immediately sent her a message in poor English, had a series of Q&A sessions, discussed the possibility of a solo exhibition, and invited her to try out a few of her works in Japan, given the inconvenient situation. It may have been a high hurdle for both Kate and BIOME, but they have been eager to understand each other. Shortly, I may be able to introduce Kate to BIOME. First of all, though, please try to get some inspiration from her works.




  • Twitter
  • Instagram

BIOME(バイオーム) 

〒650−0011 神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101 

tel   090−3945−2040

email   artroom@biome-kobe.com